フリーランスエンジニアの業務分野

フリーエンジニアの仕事について、そんなものがあるか説明していきます。
フロントエンドエンジニアは、フリーランスの職種として比較的向いていると言えます。
しかし、それはどんなエンジニアなのか、と思った方が多いでしょう。
フロントエンドエンジニアとは、Webサイトや情報システムを開発するエンジニアのうち、特に、利用者が操作したり、見聞きしたりする箇所を担当するエンジニアです。
現在では、特にWebページの開発を手掛けることを示すと言われています。
まだ呼称が発生してから年月が浅く、やや定義が確定していないところもあります。

一般の人にとっては、このフロントエンドに該当する部分しか接しないため、何を言っているのか分からないと思われるかもしれません。
例えばWebサイトの一つをとっても、その中身はHTMLやCSSといった、Webページのレイアウトを定義するための言語によって構成されています。
極端な話、見た目は全く同じデザインになっているWebサイトが二つあったとして、「コンピュータが理解し、表現ができるけれど、それをメンテナンスする人にとっては難解なもの」と、「メンテナンスする人にとっても、大変分かりやすく作業がしやすいもの」があるとします。
かなり極端な例えですが、ユーザにとっては見た目は同じなので、気が付くことはありません。
しかし、フロントエンドエンジニアは、後者のようなページを作ることを求められ、これまでのデザイン性や直観的な技術だけでなく、裏側の部分においても優れていることを重視する技術者なのです。