フリーランスで自力で仕事を探すメリット

フリーランスで仕事をしていくということは、全て自分の力でやっていくということです。それには、リスクも責任も、会社勤めをするより大きくなります。
相応の覚悟を持つことが必要となるでしょう。
フリーランスで生計を立てていく場合には、いかにして仕事を獲得し続けていくかということが重要になります。

仕事の獲得方法としては転職サイトや求人サイトなどで仕事を探すという方法と、エージェントに依頼して仕事を獲得してきてもらうという方法があります。
エージェントに依頼すると効率的に仕事を見つけてきてもらうことが可能ではありますが、請け負う際に手数料が発生してしまうことから稼ぎは少し目減りしてしまいます。
そのため、自分で獲得してこられればそれに越したことはありません。労力と費用との関係で、どちらを選ぶかということになるでしょう。

最近では転職サイトも求人サイトも充実しており、インターネットを利用するだけで数多くの案件を見つけることが可能です。
そのため、ある程度仕事を幅広く受けられる人であれば、自分で探しても適切な案件を発見するのはそれほど難しくない状況になっています。
特に、IT業界のような需要の高い業界であれば案件自体が豊富であり、やりたいものを選ぶことができる程度の選択肢の広さがある状況にあります。

もし仕事を探すことに多少の時間を費やすことを厭わないのであれば、そうすることによって実際に世の中に現れている案件の全体像を常に見ていることができ、必要に応じてスキルアップをするタイミングを見計らいやすいというメリットもあります。
そして、エージェント任せよりも自分の望む仕事を確実に獲得できるというメリットもあります。